私が「他人の目」を気にしなくなった経緯と行った事柄

本コラムの内容

私が「他人の目」を気にしなくなったいきさつと行った事柄

本コラムがおすすめの人

  • 他人の目を気にしたくない人
  • 他人の基準、世間の基準に振り回されることなく「素の自分」で、文章や絵などを作り続けたい人

「私が他人の目を気にしなくなったいきさつ」今回は、こんな話です。その方法は、いたってシンプルです。評価を手放したのです。

この続きは、DEEplyメンバー限定です。

ログインしてロックを解除してください!

未登録の方は、月額1,100円のDEEplyメンバーに登録してください。

*有料メンバー登録ページは現在準備中

この記事を書いた人

恋愛ハウツー発信に2008年から携わり代表を務めた後、2016年に独立。執筆活動15年目。現在は、さまざまなプロフェッショナルとタッグを組み「人」を題材としたコラム執筆、コンテンツ制作、サービス運営や販促、地域活動に携わっている。自身を「伝書バト」と表現しており、生きた情報、素晴らしいサービスやクリエイションを伝え広める役割を担っている。LGBTQ+、ノンバイナリー。

コメント

コメントする

目次
閉じる